DHJJ DHJJ [Hatsune's Journal Japan]

Visual Studio Team SystemをDevelopment EditionからTeam Suiteにする

Visual Studio Team System 2008 Development EditionをTeam Suiteに上げてみました。

インストールされているプログラムの確認

Vistaであれば[コントロールパネル]-[プログラムと機能]でインストール済のプログラムを確認できるので、現在のインストール状況をまず確認してみます。

プログラムと機能

図にあるように[Microsoft Visual Studio Team System 2008 Development Edition - 日本語]がインストールされている事が確認できました。

Developer EditionをTeam Suiteにするにあたって、その方法としては次の2通りが考えられます。

(1)Developer Editionが入っている状態でTeam Suiteを追加インストールする
(2)Developer EditionをアンインストールしてからTeam Suiteをインストールする

まずは手軽にできそうな(1)の方法で行ってみます。ただし、結論から言えば(1)の方法は根本的ではないけれど問題がありますので、(1)の方法を採用する場合は最後までお読みになって判断してから始めてください。

なお、作業に先立ちODP.NETのアンインストールも行っています。

Team Suiteを追加インストールする

Team SuiteのDVDをDVDドライブにセットするか、ISOイメージをVirtual CloneDriveなどでマウントしてsetupを起動します。

Microsoft Visual Studio 2008 セットアップ - スタートページ

このとき、既にDevelopment Editionが入っている状態ですので、必須コンポーネントやVisual Studioはインストール済との表示がでているはずです。

Team Suiteを追加インストールする

Microsoft Visual Studio 2008 セットアップ - オプションページ

Architecture Edition、Development Edition、Test Editionはインストール時のオプションで取捨選択できません。Microsoft Visual Studio Team System 2008として一気に導入する事になります。

ただし、Database Editionだけは独立しており[Team System Database Edition]チェックボックスでインストールするかしないかを選択できます。

必要なものがチェックされているのを確認したら[インストール]ボタンをクリックしてインストールを開始します。

規定の環境設定の選択

インストールが完了したらWindowsの[スタート]-[Microsoft Visual Studio 2008]メニューからIDEを起動します。

既定の環境設定の選択

初回起動扱いなので、[既定の環境設定の選択]ウィンドウが表示されるので、「Visual Basic 開発設定」を選択して[Visual Studioの開始]ボタンをクリックします。

バージョン情報の確認

Visual StudioのIDE(統合開発環境)が立ち上がったら[ヘルプ]-[Microsoft Visual Studioのバージョン情報]を確認してみます。

バージョン情報

正しくインストールできているように見えます。

インストール結果を確認する

それでは最後に[プログラムと機能]でインストールされているプログラムを確認して終わりにしましょう。

インストール後の[プログラムと機能]

残念ながら「Microsoft Visual Studio Team System 2008 Development Edition - 日本語」と「Microsoft Visual Studio Team System 2008 Team Suite - 日本語」が別個に管理されてしまっています。この現象がどれくらい影響あるかは不明ですが、将来的に何か問題が発生する可能性も捨てがたいので、Visual Studio 2008関連をすべてアンインストールしてやりなおす事にした方が良さそうです。

Development EditionをアンインストールしてからTeam Suiteをインストールする

アンインスール対象

.NET Framework関連はアンインストールせず、Visual Studio 2008関連のみをすべてアンインストールします。

Team Suiteを新規インストールする

Team SuiteのDVDをDVDドライブにセットするか、ISOイメージをVirtual CloneDriveなどでマウントしてsetupを起動します。

インストール済の必須コンポーネントが.NET Framework 3.5のみであれば、必要なアンインストール作業は完了している事になります。ここで、インストール済の必須コンポーネントに予定外のものがあれば、setupをキャンセルして終了し、[プログラムと機能]から該当コンポーネントのアンインストールを行ってから再度作業を再開してください。

オプションを確認する

Microsoft Visual Studio 2008 セットアップ - オプションページ

Crystal Reports Basic for Visual Studio 2008もアンインストールしてあるので、追加のときと異なりインストールする機能の一覧に表示されています。

必要なものがチェックされているのを確認したら[インストール]ボタンをクリックしてインストールを開始します。

インストール結果を確認する

それでは最後に[プログラムと機能]でインストールされているプログラムを確認して終わりにしましょう。

インストール後の[プログラムと機能]

無事、期待通りの表示になりました。

COPYRIGHT (C) 2008 初音玲 All rights reserved. / Running .NET Framework 4.0.30319.42000